未分類」カテゴリーアーカイブ

スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていない

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、サービスのスペックとしての通信速度は「最大150Mbps」など、何処でも大きな違いはない状態です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると各社によって違う場合があります。

具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろんな会社もドコモのネットワークを使用しているはずですが、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由として通信速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「回線の帯域の太さ」とこの「設備」とは各社によって違ってくるものです。

一般に、帯域が太ければ利用者が増加しても、速度低下に陥ることがなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、料金だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。

低価格のSIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます。

ソフトバンク等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月に1000円程度なんていう料金になることが。

一度、プランニングしてみても悪くないのではないでしょうか。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

でも、ソフトバンクとauのものはそのまま利用することはできません。

そうなったら、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、ロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安SIMはちょっと不安という方や、メインとして使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、ドコモやauが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

SIMカードとは、ドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。

大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMカードは他社のカードが使えないロック(SIM)がかかっています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを利用することができます。

お世話になってるサイト⇒格安SIMをかけ放題でしかも無制限で使えるキャリアとは